【アニメ】今期アニメおすすめ作品を紹介だぞ☆(食蜂操祈風)

引用:「ニコニコニュースORIGINAL」https://originalnews.nico/241273

はい、どうも~

mitsuzo です。



皆さん、コロナショックで自粛ムードの中いかがお過ごしですか?



ボクは映画以上にアニメを観ています。ていうか2010年からずっと最新アニメを観続けています。




そんなアニメ好きのボクですが、コロナのことがあり、中々アニメ記事を書くタイミングがありませんでした。




ですが、今『自粛ムード』となっていることで『アニメ記事』を書くにはちょうどいいタイミングかな、と思い執筆に至りました。



というわけで、今回のアニメ記事はまずボクがおすすめする『今期アニメ』についてお話したいと思います。



それでは、早速まいりましょう!

<

スポンサードリンク

2020年4月春アニメ(今期)のおすすめアニメ

今期アニメが始まって早三週間――現在、第三話くらいまで進みましたがここまででだいぶ『覇権アニメ』になりそうなタイトルの目星がついてきました。



その中で個人的な『今期覇権アニメ』のタイトルとして最初にご紹介するのはこちら。



おすすめ第一位「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」

引用:(C) 山口悟・一迅社/はめふら製作委員会
TVアニメ『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』公式サイト

個人的に、今期『覇権アニメ』になるであろう最有力作品



原作はWEB小説投稿サイトの最大手『小説家になろう』……いわゆる『なろう系』というやつです。



あらすじとしては、現代社会からゲーム世界の……しかも『悪役令嬢』へ『転生』した主人公が『破滅フラグ』へと突き進む自身の未来を変えるために孤軍奮闘するお話。



「男の子が主人公でもなく、バトル系でもない」作品なのですがこれがかなり面白い!



現在、第三話まで放送していますがボクはたまらず原作をすぐに読んでみましたが、ぶっちゃけ、



「原作かなり面白かった……いや、むしろ、アニメより良いかもっ!」



という感じ。



まあ、アニメはこれから原作の流れで展開していくのかわかりませんが、できれば原作をそのまま踏襲していってほしいですね。



あと、アニメは声優さんが実際にキャラクターに命を吹き込んでいるのでそれが脳内保管された状態で原作小説を読むとまたいい感じですのでおすすめです。



個人的には、主人公の「カタリナ・クラエス」を演じている内田真礼(まれいたそ)さんはバッチリのハマり役だと感じました。



おすすめ第二位「本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第二期」

引用:(C)香月美夜・TOブックス/本好きの下剋上製作委員会
TVアニメ『本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません』公式サイト

この作品は今期は第二期となり『今期』という縛りを鑑みて『第二位』としましたが、それでも『第二位』というくらいの超おすすめ作品


原作はこれも先ほどおすすめした作品と同じ『なろう作品(小説家になろう)』です。




ちなみに、この作品はかなりの『長編』ですので原作を読んでハマれば長い間その『幸福時間』が満喫できますよ♪



あらすじとしては、本好きの主人公が地震が起きて死んだ後、異世界の『マイン』という女の子に転生し、そこから『マイン』が成長・成り上がりしていくという『下剋上ストーリー』です。



これもバトル系ではありませんが、かなり面白いです。



ていうか、『なろう系作品』の中で『トップ3』に入るレベルだと思います。



あと、アニメのキャラクターの描き方『萌えタッチ』ではなく『名作劇場タッチ』となっていることからも、この作品を手掛ける制作会社が『子供にも観て欲しい』という意図が含まれているように個人的には感じられました。



『日曜の朝枠』または『日曜夕方5時枠』で完結まで放送してほしい」



これは、この作品が大好きなファンのほとんどが願っていることではないかと思います。



おすすめ第三位「イエスタデイをうたって」

(C)冬目景/集英社・イエスタデイをうたって製作委員会
TVアニメ『イエスタデイをうたって』公式サイト

こちらは『純愛ストーリー』の作品で原作は『マンガ』となっております。



個人的にメインテーマが『恋愛もの』というのはそこまで好きではないのですが、この作品は『空気感』がとても大好きでハマっています。



ちなみに、時代設定が『1990年代後半』で、それはアニメでも“あえてその時代設定"で作られているのですが、これは、この原作マンガ……そもそも連載開始が1997年でそこから18年間も連載が続いていた作品なのでその18年の間に世の中が大きく様変わりしたということを物語っており、そのリアルな『月日の流れ』がまたこの『空気感』に一役買っているな~と感じました。



あらすじは、大学を卒業したが定職につかずフリーターを続ける主人公リクオ(魚住 陸生)に、好意を寄せる『ハル(野中 晴)』という年下の女の子と、リクオが片想いの女性『しなこ(森ノ目 榀子)』との三角関係を中心に、キャラクターそれぞれの『想い人への葛藤』や『自分たちの過去・現在・未来』などを丁寧に描写したお話です。



内容も素敵ですが、ボクが特におすすめするのはこの作品の『空気感』につながる『音楽』や『描写』あと『間』ですね。



正直、『もどかしい関係』が続く話なので人によっては『こんな話嫌だ~』となるかもしれませんが、それを『音楽』『描写』『間』をうまくストーリーに溶け込ませることで「もどかしい……けど……それがまた美しい!」というカタチに仕上げています。



30代以上の……特に『既婚者』の方であれば男性・女性問わず、この作品の『もどかしさの美』を一番味わえるのではないでしょうか。



まとめ

今期2020年春アニメは本来であれば『神アニメの続編・完結編』が始まる『豪華なクール』となるはずでしたが、『コロナショック』の影響でその『神アニメの続編・完結編』がすべて延期となり、今期春アニメをもの凄く楽しみにしていた自分含め他のアニメファンはかなりショックを受けました。



ですが、それは言い方を変えれば『2020年夏アニメが豪華になる』ということを意味します。実際、7月からの『2020年夏アニメ』は放送延期になった神作品が始まりますので、これはすごく楽しみです。



とはいえ、この春アニメ……フタを開けてみれば「良作揃いだな~」と個人的には感じました。



ちなみに今、紹介した作品以外にもまだあと2~3作品ほど面白い作品がありますので、今期は今期でまた個人的には楽しませてもらっています(『とあるシリーズ』とかすごく面白い!)。



現在自粛を余儀なくされている状況ですので、この機会にぜひアニメを観て頂ければ……と『アニメ布教第一主義』の mitsuzo からのご提案でした。



ではでは! ('ω’)ノ

Follow me!

スポンサードリンク